新体操部

新体操部

 山形西高新体操部には長い歴史があります。人数は少ないながらも途切れることなく地道に活動してきました。少人数ではありますが、その分チームワークのよさには自信があります。最近になって、ようやくその地道な努力とチームワークのよさが実を結び、地区総体や県総体等においては周囲から高く評価されるようになりました。また個人種目では、全国選抜大会やインターハイにも出場しています。
山形西高新体操部の活動は幅広く、部員の中には高校から始めた人もいます。入部してから半年間しっかりと基礎を学べば、9月の地区新人大会に出場出来るまで動きを身につけることができます。今活動している部員や卒業生においても、高校から新体操を練習し、団体競技においては県で3位に入賞するなど、しっかりと結果を残しています。
 新体操には「個人」と「団体」がありますが、私達は特に「団体」で試合に出場することを目標としています。手具を巧みに操りながら音楽に合わせてチームが息を合わせ、観客を惹きつける『心(新)の体操』をモットーに、長期休業中には、新体操の基礎となるジャズやヒップホップなどのダンスを取り入れて練習したり、合宿や遠征で自分自身を磨いたりしています。